2006-12-12

USA:Tour2005年9月 九日目


 一夜明けて、マッチャンのフヌケ抜け殻状態は益々悪化している。
何せこのマッチャン、はじめての米国釣行から帰着した時、福岡空港での風景がすべて完全な白黒(モノクロ)に映ったという御仁。全身全感をもって打ち込むあまり、身体の機能変化という副作用まで起こしてしまう。・・・その点は恐れ入ります。


 「今日は飛行機乗って帰るだけ」と思っているので、余計にその抜け殻ぶりはひどかった。


 きれいなボーズマン空港の朝。
先ずはレンタカーを返す。Hertzの手続きがチョット時間かかる。少し早く着きすぎてAlaskaAirlineのチェックインカウンターにはまだ誰もいない。とりあえずのつもりでフライトスケジュールモニターで該当便を確認。・・・・??確認できないけど、「まあ良くあることだ」とあまり気にしない。・・・ところが!!

 ようやくチェックインカウンターのおねーさんがスタンバイしたので、ゴロゴロとスーツケースを押してお手続き。どうやら一番乗りだ。

「彼(マッチャン)は窓席で、僕は隣の通路側席をよろしく」・・・エコノミー席の狭さでは窓席に座るとトイレに立つのも一苦労なので、僕はいつも通路席をリクエスト。

「フームー、あいにく満席なので変更は難しいですね。とりあえずキャンセル待ちします?」
「はー?満席?(まさかオーバーブッキングくらったか?)・・・それは困る!」
「・・そう申されましても、満席は満席ですことよ」
「よかですかおねーさま、こちらはリコンファームもしてるしほらこれがRFNo.バイ!」

・・少し困惑気味になってきたオネーさんは、
「あのーお客様は、フライト日を変更したいのじゃございませんこと?」
「あん?断然違うバイ、ほら僕らのチケットはもともと23日だし、今日のフライトばい!」

・・オネーさんの顔にさわやかな笑みが広がって、右手を壁のタイムボードに指し示しながら、
「お客様ーッ、今日は22日でございますことよ。うふふ。」
「エッ?は?・・・」・・目の前のデジタルボードには[22.SEP.2005]と。
完全に一日間違えてる。

 思い返すと、Aバーモーテルのチェックアウト前夜、「お世話になりましたね、明日立ちますから今夜のうちに精算を」と言った時のカウンター姉さんのリアクションも「あらそうなの?」と言う感じでスムーズではなっかた。レンタカーHertzの返却手続きもいつもより時間がかかった。・・しかし全く日時・曜日に関係ない毎日をおくっていたにせよ、どこかしこでそれを認識させられることがありそうなのに。買い物・食事でクレジットカードを使った時でも必ず日時を明記されているのに。マッチャンの両手にそれぞれはめられてる2個の腕時計に日付表示は無かったのか?

 かなりグチグチブツブツと、「まさかツアコン経験のマッキーが日にちを間違えるとは思わんかった!」「あと一日HFで釣りが出来たのに」マッチャンの諌めの言葉を聞きながら、本当に意外な展開に自分でも呆れてしまっておかしい。

 早朝6時の空港2Fレストラン。一日儲かったような気分の僕とは違って、抜け殻がさらに萎んだような状態のマッチャンと、とりあえず腹ごしらえをしながら本当のラスト日の予定を考える。・・・当初予定していたリヴィングストンへ行ってみることにする。(運よく返したばかりのレンタカーをそのまま延長で借りることが出来た)

 古い町並みのリヴィングストン。まずはダンベイリーの店に立ち寄る。そこで得た情報では「BoulderRiver」(ボウルダー)が今良いらしい。気持ちよく晴れた空、気持ちも一旦リセットされた気分で、初めての川へ向かう。

 釣り道具一切を、完全に分解パッキングしていたので、アクセスポイントに着いたらまず荷物の解体をやらなければならなかった。
このツアーでは何度パッキングを繰り返したのか。

 




 ビール飲みながらいつまでもグズグズと準備しているマッチャンを置いて先に川に下りる。ライズらしきものは見当たらないので、最初の小さいプールの開きにフライを流してみるとすぐに青年サイズのきれいなマスがかかった。河畔林に囲まれたゆったりした流れ、魚影はかなり濃いようで、のんびり釣りあがるには最高のロケーション。マッチャンもすぐ最初の一尾をかけてからは気分も爽々と盛り上がってきたようで、釣り耽溺モードに戻っていた。
 

 ビール&ジャーキー休憩を入れて、夕刻までゆっくり釣り上がった。

 イブニングには活発なライズにも囲まれて、楽しいボウルダーリバーだった。この川ももう一度来てみたい川になった。

 ホントに本当の最終日も終わり、最後の宿は「ウエスタン・ヘリテイジ」へ。そして最後の爛れ酒の思惑は、何とアルコホール一切置いていないレストランに入ってしまい、コーラで乾杯。



この旅の一番長い一日となった。

4 件のコメント:

  1. お腹が痛いです・・・流石です。写真もちゃあぁ~んと撮ってある所も笑えます。

    今度、スライドショーで写真を見せて下さいね~楽しみにしています!

    返信削除
  2. 割と細かいディテールまで憶えていたので、自分でも少し感心しています。あのマッチャンの「責任を他人に全部押し付ける性格」にはよっぽど参ったんだと思います。

    返信削除
  3. 匿名23:06

    いゃぁ〜松オジサンいいですね、いつでもどこでも絵になる人ですね。大好き!

    返信削除
  4. 矢部本人10:00

    イヤーほんと見事に腑抜け状態の写真見事です。昨日まで毎日10Lぐらいのアドレナリンが出てたのが、3cc位になった時の状態です。
    魂の抜けた状態ですなこりゃ。
    匿名のファンの方、こんなオジンを好きでありがとう!!

    返信削除