2008-04-28

川辺川の上の方


逃げない子猿に会って、帰って写真を良く見てみるとどうも足を傷めているようだ。近寄るといっちょまえにキヤオーッと威嚇していたので「様子がおかしい」と気になっていたが、それが原因だったのかもしれない。・・がんばれチビざる。

この週末の出釣。土曜日は助市氏と、そして日曜日は釣りバカ弟モリキーと川辺川の上の方へ。






速い瀬・ゆるい瀬・落ち込み・肩・深み・ぶっつけ・巻き返し・すじ・すじ脇・・・・もうフライの練習にはバラエティ良い流れの、あそこら辺は昔から自分もよく練習釣行した大好きな流れ渓。しかもおもいっきりラインをのばせる広さがある。

毛鉤の落とし方、流し方、その前のラインリーダーの持っていき方などなど、いろんな流れポイントへのアプローチ方法は、やっぱりそこにヤマメさんがいらっしゃらないと、その良し悪し確認もできにくい。

この週末は活性の高い流れに恵まれて、それなりの毛鉤でそれなりに流してあげればやまめさんが顔を出してくれるので、自然と考える釣りに没魂した。・・・これがまた楽しい。


あらかじめタイトなループからシュートに持ち込む助市氏、猛獣使いのムチのようにワイドなループから一気にタイトに打ち込むモリキー。・・・好むサオも違えば、攻め方も人それぞれ。・・・モリキーの攻めは少し優しくなった気がする。落とし方がソフトになった。



イブニングのライズも活発で、すごーーく楽しかった。






じぇんとるダンディな助市氏のヴェストは、「AGclub」。

ポケット配置とデザインが理想的。






追記>先週のDiro氏。・・・・・ナイスフィッシュを決めたこの直後!・・悲劇が!

2 件のコメント:

  1. makiさん

    今回もお世話になりました。

    川辺の上流域も活性が高くなりましたね!
    暫くは目が離せないです。

    沈は・・・良い教訓になりました。

    日々修行です!

    返信削除
  2. 昨日も行きましたが、・・・今一でした。GWに良い日よりにあたりたいものです。

    返信削除