2007-08-20

スカッド、のちイマージングニンフ


>7月13日 パインへヴン

 今日も朝は早起き&シャワー。
4人揃ってモーニングライズへ向かいます。

・・・昨日の様な朝のライズは殆ど無く、しばらく様子見のあと、MキーとMこちゃんにはコーヒーやらランチやらの買出しに再び行ってもらいます。(ありがとうさんです・・・途中の丘の上からまたまた良いライズを発見したらしく、しっかり寄り道ライズを楽しまれたらしい。)

 残った助市氏と小生は、散発小ぶりのライズに向かうも、これがなかなか食わせられず悶々。やっとこキャッチした助市氏のサカナのお腹を見てみると、意外や意外なスカッドの偏食。

この時フライボックスを開いて非常に後悔しました。今回釣行前にフライの大整理をやりまして、持って行くボックスを一個でも減らそうと苦心したわけだけど、・・・スカッドが入っていない。・・・やっぱフライのバリエーションは多い方が良いなと痛感。偏食にいってるサカナには、ソレを食わせて釣りたい・・・です。

 しばらく後に戻ったMキーは、そのスカッド同系色・同サイズのミッジラーバで、良いサイズをかけました。

休憩タイムでコーヒー&サンドをやっていると、ようやく来ましたビッグな尾びれライズ。
もちろん4人とも攻めを始めます。・・・昨日と同じタイプのフェザントテイルニンフを繰り返すも・・・今一の反応。皆フライを疑い始めた中、Mこちゃんがまた綺麗な良いサイズをキャッチ。・・・バンクでにこぱちを決めようと近づいたサカナの口から「ゲボっ」っと、沢山のイマージングニンフが。Mこちゃんのフライはそのニンフに似た系色のヤツ。・・・同じ場所でありながら、昨日とも一昨日とも水面の泡の様子なども違っているし、やっぱ流下も決して同じでは無いのでしょう。

 このニンフにはある程度合わせられるバリエーション(ソラックス部はオリーブまだらカラーのクイルをシルバーワイヤーでリビングして、ソラックス部にオリーブ系のファー)を持っていたので、早速チェンジして、結果も引出せた。



 この日も、途中何度かの強風休憩をはさみながら、ながーく夕焼け時間まで楽しんだ。

 ちょっと・・・どころではなく、かなり淋しくなってきた夕焼けでもあります。

 帰りたくないですね、現実のあれやこれやには。・・・。
 





4 件のコメント:

  1. ・・・よかな~。

    返信削除
  2. ホント・・よかなぁ~です。

    Makiさん。日程は、まだ何とも言えませんが、そのうち、ご相談に伺います!!

    返信削除
  3. やっぱ・・・よかな~。

    返信削除
  4. 更新を楽しみにしてます。

    返信削除